Instagramで写真にユーザーをタグ付けする方法

投稿日: / 更新日:

アイキャッチ画像

「タグ付け」って何?写真左下の人型マークって何?…Instagramで、「自分の写真にユーザーをタグ付けする方法」を説明します。自分がタグ付けされるとどうなるのか、も確認しておきましょう。

タグ付けに関するQ&A

タグ付けが何なのか分からない人向けに、どんな機能かをQ&A形式で説明します。

タグ付けとは何か?

タグ付けとは、自分が投稿した写真の好きな位置に、ユーザー名を表示することができる機能です。例えば、あなたがInstagramをやっている他ユーザーと記念撮影をした場合に、フォロワーに向けて、「この写真に映っているのはこの人ですよ〜、この人と仲良いんですよ〜」などといったように、アピールすることができるんです。それを見たフォロワーは、「ここに映っているのはこの人なのか」と確認することができます。

写真の左下に表示されているマーク
写真の左下に表示されているマーク

言葉だけじゃ分かりにくいので、実際にどんなものか見てみましょう。例えば、写真を見ていると、左下の方に、黒い人のマークが表示されていることがあります。これは、「この写真にはユーザーがタグ付けされている」というマークなんです。これがあったら、その写真をタップしてみて下さい。

ユーザーネームが表示される
ユーザーネームが表示される

すると、そのユーザーがタグ付けされている位置に、ユーザーネームが表示されます。この写真の投稿者が、この位置にsyncerjpさんをタグ付けしたということですね。そして、このユーザーネームをタップすると…

プロフィール画面に移動する
プロフィール画面に移動する

そのユーザーのプロフィール画面に移動することができます。この写真を見たフォロワーなどが、このユーザーがどんな人か知るのを助けるというわけです。なかなか面白い機能ですよね。

非公開アカウントでもタグ付けされるの?

されます。フォロワーも第三者も関係なく、非公開アカウントのユーザーを自由にタグ付けすることができます。タグ付けを見たユーザーは、ユーザーネームをタップして、非公開ユーザーのプロフィール画面にアクセスすることができます。もちろん、フォローしていなければ、投稿作品を見られることはありません。

タグ付けすると相手にどう映る?

アクティビティの画面
アクティビティの画面

あなたがタグ付けをすると、そのユーザーのアクティビティ画面にお知らせが届きます。それによって、相手は、あなたに自分がタグ付けされたのを知ることができるというわけです。

タグ付けって防げるの?

タグ付けされるのを防ぐ唯一の方法は、相手をブロックすることです。ブロックされた相手は、ブロックしたユーザーをタグ付けすることができなくなります。ただし、そのユーザーが過去にタグ付けしていた分は残っているので、別途、削除する必要があります。

他人がタグ付けしたのを削除できる?

できます。タグ付けされた本人は、いつでも、その写真から自分のユーザーネームを強制的に削除することができます。

ユーザーをタグ付けする手順

この章では、ユーザーをタグ付けする方法を説明します。iPhone、Android、ともに操作方法は同じです。

タグ付けする

「タグ付けする」をタップする
「タグ付けする」をタップする

投稿の、写真のキャプションなどを設定する画面で、「タグ付けする」をタップして下さい。

好きな位置をタップする
好きな位置をタップする

「タグ付け」の画面に移動します。写真の中から、ユーザーをタグ付けしたい大体の場所をタップして下さい。

ユーザーネームを入力する
ユーザーネームを入力する

タップすると、画面の左上に、テキスト入力フォームが出現します。そこに、タグ付けしたいユーザーの、ユーザーネームを入力して下さい。

ユーザーをタップする
ユーザーをタップする

ユーザーネームを入力すると、候補となるユーザーの一覧が表示されます。表示されない場合は、「ユーザーを検索」をタップしましょう。目的のユーザーが出現したら、そのユーザーをタップして下さい。

ユーザーネームが表示される
ユーザーネームが表示される

すると、このようにユーザーネームが表示され、タグ付けが完了します。ここから、色々と調整できるので、その方法を説明します。

位置を調整する

ラベルを長押しする
ラベルを長押しする

最初のタップで思った通りの位置に設定するのは難しいと思います。位置は後から簡単に調整することができます。タグ付けして出現したラベルを、指で長押しして下さい。

ラベルを移動する
ラベルを移動する

そしてそのまま離さずに、指を滑らせれば、移動させることができます。

タグ付けを削除する

ラベルをタップする
ラベルをタップする

ユーザーをタグ付けしたのを削除したい場合は、ラベルをタップして下さい。

×マークをタップする
×マークをタップする

するとラベルの右側に×マークが出現します。この×マークをタップすれば、タグ付けを削除することができます。

ユーザーを追加する

2人目のユーザーをタグ付け
2人目のユーザーをタグ付け

タグ付けは1人だけじゃなく、2人目、3人目と増やしていくことができます。好きな位置をタップして下さい。

タグ付けを後から編集する手順

タグ付けしたのを、後から変更したり、削除することができます。この章では、その操作方法を説明します。iPhone、Android、ともに操作方法は同じです。

オプションアイコンをタップする
オプションアイコンをタップする

編集したい写真の右下にある、オプションアイコンをタップして下さい。

「編集」をタップする
「編集」をタップする

メニューが表示されます。「編集」をタップして下さい。

「タグ付けする」をタップする
「タグ付けする」をタップする

編集モードに映ります。写真の左下にある「タグ付けする」をタップして下さい。

タグ付けの編集を開始する
タグ付けの編集を開始する

タグ付けの編集画面に移動します。ここから先は、前章と同じ操作です。

タグ付けされた写真を確認する方法

そのユーザーが、これまでにタグ付けされた写真を確認する方法を説明します。自分のだけじゃなく、他人のも見ることができます。iPhone、Android、ともに操作方法は同じです。

右側のアイコンをタップする
右側のアイコンをタップする

目的のユーザーのプロフィール画面に移動して、中段の一番右側にあるアイコンをタップして下さい。

写真の一覧が表示される
写真の一覧が表示される

「〜が写っている写真」の画面に移動します。このように、これまでにこのユーザーがタグ付けされた写真の一覧が表示されます。非公開アカウントの場合は、フォロワーのみが見ることができます。

一覧画面での表示/非表示を調整する方法

「あなたが写っている写真」の一覧画面で、指定した写真を非表示にしたり、戻したりする調整方法を説明します。iPhone、Android、ともに操作方法は同じです。

この写真は一覧にいらない…
この写真は一覧にいらない…

例えば、自分のプロフィールの「あなたが写っている写真」の画面に、気に入らない写真があったとします。そんな時、その写真を非表示にすることができます。

ラベルをタップする
ラベルをタップする

該当写真のページに移動して、写真をタップしてラベルを表示させた後、自分のラベルをタップして下さい。

「プロフィールに表示しない」をタップする
「プロフィールに表示しない」をタップする

メニューが表示されます。「プロフィールに表示する」だと、一覧画面にこの写真が表示されます。「プロフィールに表示しない」だと、一覧画面にこの写真が表示されません。一覧から消したい場合は「プロフィールに表示しない」をタップして下さい。

「完了」をタップする
「完了」をタップする

「完了」をタップして下さい。

一覧から写真が消える
一覧から写真が消える

「あなたが写っている写真」の一覧画面から、該当の写真が消えました。写真自体はInstagram上に残っていること、そしてその写真にあなたはタグ付けされたままである点にご注意下さい。やっぱり一覧に表示させたい場合は、「プロフィールに表示する」に設定し直して下さい。

一覧画面に写真を追加させない方法

自分が誰かにタグ付けされた時に、「あなたが写っている写真」の一覧画面に勝手に追加されないようにする方法を説明します。タグ付け自体を防ぐことにはならないのでご注意下さい。iPhone、Android、ともに操作方法は同じです。

設定アイコンをタップする
設定アイコンをタップする

「あなたが写っている写真」の一覧画面で、画面右上にある設定アイコンをタップして下さい。

「手動で追加」をタップする
「手動で追加」をタップする

「オプション」の画面に移動します。メニューを見て下さい。「自動的に追加」だと、誰かが自分をタグ付けした時に、その写真が自動で一覧画面に追加されます。対して、「手動で追加」だと、一覧画面に追加されません。最初から非表示状態になっているということです。ということで、タグ付けされた写真が自動で一覧に加わるのが嫌な場合は「手動で追加」をタップして下さい。

「完了」をタップする
「完了」をタップする

画面右上にある「完了」をタップして下さい。これで、設定は完了です。

誰かがタグ付けをしても…
誰かがタグ付けをしても…

「手動に追加」に設定後は、誰かがあなたを写真にタグ付けしたとしても…

一覧に写真が追加されない
一覧に写真が追加されない

その写真が「あなたが写っている写真」の一覧画面に追加されなくなります。追加したい場合には、前章を参考に、手動で「プロフィールに表示する」に設定する必要があるというわけです。

タグ付けを強制的に削除する方法

自分が他人にタグ付けされた場合、それを自由に削除することができます。この章では、その操作方法を説明します。iPhone、Android、ともに操作方法は同じです。

ラベルをタップする
ラベルをタップする

自分がタグ付けされている写真で、自分のラベルをタップして下さい。

「その他のオプション」をタップする
「その他のオプション」をタップする

メニューが表示されます。「その他のオプション」をタップして下さい。

「写真から自分のタグを削除」をタップする
「写真から自分のタグを削除」をタップする

「写真から自分のタグを削除」をタップして下さい。

「削除」をタップする
「削除」をタップする

「この写真から削除され、プロフィールに表示されなくなります」という確認メッセージが表示されます。よろしければ、「削除」をタップして下さい。これで、自分がされたタグ付けを削除することができます。

矢印アイコンをタップする
矢印アイコンをタップする

写真に戻っても、まだタグ付けが残っている場合があります。その時は、画面左上にある矢印アイコンをタップして、一度、別の画面に移動してから、もう一度、この写真を見てみて下さい。タグ付けが削除されているのを確認できるはずです。

更新履歴
2015年5月20日
情報を2015年5月現在のものに更新しました。「他人がしたタグ付けを強制的に削除する方法」「自分が写っている写真の一覧に写真を追加させない方法」を追記しました。
2014年8月13日
コンテンツを公開しました。