InstagramでFacebook連携を完全解除する方法

投稿日: / 更新日:

アイキャッチ画像

この記事では、InstagramとFacebookの連携を解除して、Facebook上の友達にプロフィール検索されないようにする方法を説明します。情報は、2015年5月時点のものです。

Instagram側で連携を解除する

この章では、Instagram側でFacebookとの連携を解除する方法を説明します。2015年5月現在は、この章の操作だけで大丈夫です。iPhone、Androidともに、画面は同じです。

設定アイコンをタップする
設定アイコンをタップする

自分のプロフィール画面に移動して、画面右上の設定アイコンをタップして下さい。iPhoneの場合は歯車、Androidの場合は縦の三点リーダーの形をしています。

連携状態を確認する
連携状態を確認する

「オプション」の画面に移動します。一番上に、「Facebookの友達〜人」という項目があります。このように「友達〜人」と表示されていると「Facebookと連携している状態」ということです。つまり、プロフィールを検索されてしまう状態ということですね。これを解除しましょう。

「リンク済みアカウント」をタップする
「リンク済みアカウント」をタップする

同じ画面の、下の方に「リンク済みアカウント」という項目があります。これをタップして下さい。

「Facebook」をタップする
「Facebook」をタップする

「シェア設定」の画面に移動します。一番上の「Facebook」という項目をタップして下さい。

「OK」をタップする
「OK」をタップする

人によっては、Facebookのウェブサイトに移動して、Facebookに投稿する許可を求められます。Facebookとの連携を解除するには、一度、投稿の許可を与える必要があるんです。作業の流れですぐに取り消すことなので、一度、「OK」をタップして許可して下さい。

「Facebook」をタップする
「Facebook」をタップする

「シェア設定」の画面に再び、移動します。「Facebook」という項目のアイコンに色が付いていれば大丈夫です。この項目をタップして下さい。

「リンクを解除」をタップする
「リンクを解除」をタップする

「Facebook」の設定画面に移動します。「リンクを解除」という項目をタップして下さい。

「はい」をタップする
「はい」をタップする

「Facebookアカウントのリンクを解除しますか?」という確認メッセージが表示されます。よろしければ、「はい」をタップして下さい。

アイコンの色が消える
アイコンの色が消える

「シェア設定」の画面に戻ります。「Facebook」の項目の、アイコンの色が消えていること、右側にあったFacebookアカウントの名前が消えていることを確認して下さい。

「友達〜人」が消える
「友達〜人」が消える

「オプション」の画面に戻ります。先ほどまでは「Facebookの友達〜人」と表示されていた項目が、「Facebookの友達を検索」というラベルに変更されているはずです。これで、次の状態になりました。

  • Facebook上の友達にプロフィール検索をされなくなった。
  • Instagramに投稿した時に、Facebookに投稿されなくなった。

ここまでで作業は充分です。が、より完璧に連携を解除するには、Instagram側だけでなく、Facebook側の連携も解除しておくことをお勧めします。詳しくは次章をご参考下さい。

Facebook側で連携を解除する

この章では、Facebook側で、Instagramの連携を解除する方法を説明します。iPhone、Androidともに、操作方法は同じです。

Facebook側で連携を解除する意味

以前、Instagram側で連携を解除しても、「ログアウトしてからログインすると自動で連携が復活してしまう」というバグがありました。その原因は、Facebook側に連携のデータが残っていて、Instagramがそのデータを便りに、勝手に連携を復活させていたというものです。連携を解除しても勝手に復活して、またプロフィール検索をされてしまう…。プライバシー上、重大な不具合と言わざるを得ません。

この怪談じみたバグは、2015年5月現在は修正されていて、連携が勝手に復活するということはなくなりました。ただし、またいつ、同じようなバグが発生するとも限りません。「バグが再発しても自動で連携が復活しないように、大元となるFacebook側に残った連携データを削除してしまおう」というのが、この章の試みです。要は「予防」の作業です。念のため、やっておきましょう。

連携を解除する手順

iPhoneの人もAndroidの人も、Facebookのアプリをインストールしている必要はありません。下記リンクから、Facebookのウェブサイトにアクセスして下さい。

画面右上のアイコンをタップする
画面右上のアイコンをタップする

Facebookにログイン後、画面右上にあるメニューボタンをタップして下さい。

下にスクロールする
下にスクロールする

メニューがズラーっと表示されます。下の方にスクロールしていって下さい。

「アカウント設定」をタップする
「アカウント設定」をタップする

「アカウント設定」という項目を見つけて、タップして下さい。

「アプリ」をタップする
「アプリ」をタップする

「アカウント設定」の画面に移動します。「アプリ」という項目をタップして下さい。

「Facebookでログイン」をタップする
「Facebookでログイン」をタップする

「アプリ」の設定画面に移動します。「Facebookでログイン」という項目をタップして下さい。

「Instagram」をタップする
「Instagram」をタップする

この画面には、Facebookと連携しているアプリの一覧が表示されます。その中に「Instagram」があるはずなので、この項目をタップして下さい。

下にスクロールする
下にスクロールする

「Instagram」の設定画面に移動します。ずーっと下の方にスクロールして下さい。

「アプリを削除」をタップする
「アプリを削除」をタップする

「アプリを削除」という項目があるので、これをタップして下さい。念のため言っておきますが、Instagramのアプリが削除されるわけではありません。ここでいう「削除」というのは、「Facebook側でInstagramとの連携を解除する」という意味です。

「削除」をタップする
「削除」をタップする

「Instagramを削除しますか?」という確認画面に移動します。よろしければ、「削除」をタップして下さい。

アプリ一覧を確認する
アプリ一覧を確認する

先ほどのFacebookと連携しているアプリ一覧の画面に移動すると、「Instagram」の項目がなくなっているのを確認できると思います。これで、Facebook側に残っていた、Instagramのデータが削除されました。すなわち、InstagramとFacebookの連携は、完全に解除されたということです。お疲れ様でした!

検索されずに連携することはできる?

投稿だけ連携したい…
投稿だけ連携したい…

できません。「自分もプロフィール検索しないし、他人にもプロフィール検索されたくないけど、Facebookに投稿するのだけ連携することはできるか?」ということですよね。もう一度言いますが、できません。Facebookに投稿の許可をして連携した場合、プロフィール検索も許可したことになり、ちゃっかりと検索されてしまいます。2015年5月時点で検証しました。検索されたくないのなら、投稿も含めて、Facebookとは連携してはいけません。

間違って連携してしまうのを防ぐ方法

Instagramの親会社はFacebookです。それを考えると、ちょっと怖いって思いませんか?Facebookって、何かにつけてユーザーの意図に反して連携させようとするイメージがあります。「誤操作などして気付かないうちにまた連携してしまった」などということを防ぐのに良いアイデアがあります。

それはとっても簡単で、「Facebookの幽霊アカウントと連携してしまうこと」です。どういうことかを説明しましょう。まず、新しく適当なFacebookアカウントを作成し、そのアカウントでは誰とも友達関係にならないで放置しておきます。念のため投稿などの公開範囲を全て「自分だけ」に設定しておけば、なお安心です。このアカウントは一生利用しません。

そして、このFacebookアカウントをInstagramと連携してしまえばいいんです。そうすれば将来的に「間違えてまた連携してしまった」という事故が起こりません。何故なら既にFacebookと連携しているからです。もちろん、このFacebookアカウントは実質ないような幽霊アカウントなので、ここからプロフィール検索されてプライバシーが漏れるようなこともないというわけですね。

将来的に誤操作などで気付かないうちに連携してしまうのが不安だったら、この「幽霊アカウントと連携してしまう」という1つのアイデアを検討してみて下さいね。

更新履歴
2015年5月11日
情報を2015年5月時点のものに修正しました。それに伴って情報を整理し、より分かりやすくなるようにリライトしました。
2014年9月7日
コンテンツを公開しました。