Siriでツイートを投稿する方法 (アカウント変更方法)

投稿日:

アイキャッチ画像

この記事では、「Siriを使って音声でツイートを投稿する方法」と、「Siriを使って投稿するTwitterアカウントを設定する方法」を紹介します。簡単な挨拶だけなら、Siriさんに任せちゃいましょう。使ってるとけっこう便利です!

SiriでTwitterに投稿する方法

Siriを起動する
Siriを起動する

Siriでツイートを投稿する方法は、とても簡単です。まずはSiriを起動して下さい。

キーワードを音声入力する
キーワードを音声入力する

条件は「ツイート」「投稿」という言葉を絡めることです。例えば、「こんにちは」とTwitterに投稿したい時は、「ツイート、投稿、こんにちは」と音声入力して下さい。

SiriのTwitterへのアクセスを許可する
SiriのTwitterへのアクセスを許可する

初回だと、SiriがTwitterのデータにアクセスしてもいいか、許可を与える必要があります。「Twitterアカウントを使ってツイートを投稿してもよろしいですか?」と質問されるので、「はい」と答えて下さい。

投稿内容を確認する
投稿内容を確認する

「こちらがツイートです。送信してもよろしいですか?」と聞かれます。内容に問題がなければ、「はい」と答えて下さい。これだけで、ツイートを投稿することができます。

投稿が反映される
投稿が反映される

このように、Twitterに投稿が反映されていれば成功です。起きた時、寝た時の簡単な挨拶だったら、Siriでやってしまった方がお手軽ですねー。音声入力すばらしい!

SiriのTwitterアカウントを変更する方法

この章では、1つの端末で複数のTwitterアカウントを運用している時に、「どのTwitterアカウントで投稿するか?」を指定する方法を解説します。

お前じゃない…
お前じゃない…

例えば、@arayutwじゃなくて、@SyncerJPの方でつぶやいてほしいんだー、という場合の設定方法です。この、SiriでつぶやくTwitterアカウントを変更する方法は、実は公式にはありません。が、ある工夫をすることで、好きなように変更することができちゃいます。本日、それを発見したのでシェアします。実はこの記事は、この章がメインなんです…。

写真アプリを起動する
写真アプリを起動する

まずは「写真アプリ」を起動して下さい。

写真を選択する
写真を選択する

なんでもいいので、写真を1つ選択して下さい。どのアルバムでも、どの写真でも、なんでもいいです。

シェアボタンをタップする
シェアボタンをタップする

写真を選択すると、写真の詳細画面に移動します。画面左下にあるシェアボタンをタップして下さい。Twitterには投稿したりしないので安心して下さい。

Twitterのアイコンをタップする
Twitterのアイコンをタップする

シェアするアプリを選択するメニューが開きます。ここで、Twitterのアイコンをタップして下さい。

「アカウント」をタップする
「アカウント」をタップする

Twitterの投稿フォームが開きます。このアカウント欄に設定してあるTwitterアカウントと、Siriで投稿する際のTwitterアカウントが実は同一なんです。ということで、ここを変更すればいいというわけですね〜。ここをタップして下さい。

アカウントを選択する
アカウントを選択する

アカウントを選択するメニューが開きます。ここで、Siriで投稿したいTwitterアカウントを選択して下さい。私の場合は@SyncerJPを選択します。

「キャンセル」をタップする
「キャンセル」をタップする

アカウントを設定すると、投稿フォームに戻ります。アカウント欄の右側に、選択したアカウント名が表示されていれば成功です。投稿はしないので、「キャンセル」をタップして戻って下さい。

Siriでツイートを投稿する
Siriでツイートを投稿する

試しに、前章を参考に、Siriを使ってツイートを投稿してみて下さい。

指定したアカウントで投稿される
指定したアカウントで投稿される

このように、先ほど指定したTwitterアカウントでSiriが投稿してくれたのを確認することができます。ちょっとスマートじゃないかもしれませんが、Siriで投稿するTwitterアカウントを変更したい場合は、この章のやり方を試してみて下さいね。