Twitter IDチェッカー

Twitter IDチェッカー

Twitterのスクリーンネーム(@arayutw)を入力して、ユーザーID(1528352858)を調べることができます。過去のスクリーンネームから、現在のスクリーンネームを追跡する機能を追加しました。

ユーザーIDを調べる

スクリーンネームを入力して、「チェック」をクリックして下さい。

調査結果

アイコン画像

@---

---

---

---

退会をしない限り、変わらない内部IDです。

スクリーンネームを変更しても変わらない、プロフィールページのURLアドレスです。

アクセスする

公式アプリで直接、プロフィールページに移動できるURLスキームです。

アクセスする

アドバンスドチェック(β版)

最近(大体1〜2ヶ月間)を対象に、ユーザーを追跡します。この機能は現在テスト中で、結果がアバウトなため、ソースとしての価値は低いと思って下さい…。

→ 廃止したアカウント(A)と、現存するアカウント(B)の両方あてにリプライをしたツイートを、ある条件で同じユーザーID(同一人物)と誤判定してしまう不具合が発覚しました。そのため、アドバンスドチェックの機能を廃止いたしました。不具合の周知のため、このセクションをしばらく残しておきます。

現在、このスクリーンネームを使ってる人

アイコン画像

@---

---

---

---

前回、このスクリーンネームを使ってた人

アイコン画像

@---

---

---

---

Twitter IDチェッカーについて

使い方
一番上のフォームに、調査したいスクリーンネーム(例: @arayutw)を入力して、「チェックする」のボタンをクリックして下さい。しばらく待ってもらうと、調査結果が表示されます。
追跡調査
過去のスクリーンネームから現在のスクリーンネームを追跡したい場合は、過去のスクリーンネームを入力して、「アドバンスドチェック」の項目を確認して下さい。
過去1〜2ヶ月くらいの間でそのスクリーンネームを使っていたユーザーがいれば、「前回、このスクリーンネームを使っていた人」の欄に表示されます。
この追跡機能はベータ版で、結果が曖昧です。昔のものは調査できません。そのため、信頼性が低いことをあらかじめ、ご了承下さい。
追跡されたくない場合は?
誰にも知られず、新しいユーザーとしてリスタートするためには、一度Twitterを退会し、新しくアカウントを作り直すことで、内部ユーザーID自体を変更して下さい。
「スクリーンネームを変えたから、もう誰にも知られない」という勘違いは一番、危険です。このページを利用せずとも、内部ユーザーIDは、誰でも簡単に知ることができる情報だからです。
内部IDって何?
Twitterでは、自由に変更できる見かけのID(例: @arayutw=スクリーンネーム)とは別に、システム内部で管理されているユーザーID(例: 1528352858)が存在します。
このユーザーIDは、退会しない限り、絶対に変わりません。これを知っておけば、スクリーンネーム(見かけのID)が変更されても、どのユーザーか分からなくなることがありません。
あなたがフォロワーに対して、ユーザーIDを案内しておけば、自分がスクリーンネームをいくら変更しても、みんなが迷うことがないので便利です。