getElementsByTagNameNS() - 名前空間に属すタグ名から要素を取得する方法

getElementsByTagNameNS()は、特定の名前空間に属するタグ名から、要素を取得するメソッドです。第1引数に名前空間のURI、第2引数にタグ名を指定します。取得できる値はノードリストという配列と似たオブジェクトです。検索する範囲が特定の名前空間に限定される以外は、getElementsByTagName()と仕様は同じです。ほとんど使う機会がないメソッドなので、覚える必要はないと思います。

説明

名前空間、http://www.w3.org/1999/xhtmlに属するtitleタグの要素を取得して、elementsという変数に代入する例です。

HTML

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head>
	<title>SYNCER</title>
</head>
<body>
	<p>こんにちは、SYNCERです。</p>
	<p>おはよう、SYNCERです。</p>
	<p>こんばんは、SYNCERです。</p>
</body>
</html>

JavaScript

// 第1引数: 名前空間
// 第2引数: タグ名
var elements = document.getElementsByTagNameNS( "http://www.w3.org/1999/xhtml", "p" ) ;

// elements[0] : <p>こんにちは、SYNCERです。</p>
// elements[1] : <p>おはよう、SYNCERです。</p>
// elements[2] : <p>こんばんは、SYNCERです。</p>