<sub> - 数式や化学記号などの下付き文字

subは、化学記号や数式などにおける下付き文字をマークアップするためのタグです。下付き文字にしないと意味が伝わらない場合にのみ用いるタグであって、単にデザイン目的で利用するべきではありません。subというタグ名は、subscriptから来ています。

説明

下記は、二酸化炭素の化学記号を説明する時のマークアップ例です。

HTML

<p>二酸化炭素は、化学記号では、CO<sub>2</sub>だ。</p>

二酸化炭素は、化学記号では、CO2だ。

数式でも、下付き文字はよく見かけますよね。下記はある数式の公式の説明文をマークアップした例です。

HTML

<p>公差を<var>t</var>、初項をa<sub>1</sub>とした場合の第<var>n</var>項は次のように求めて下さい。</p>
<p>a<sub>n</sub> = a<sub>1</sub> + (n - 1)t</p>

公差をt、初項をa1とした場合の第n項は次のように求めて下さい。

an = a1 + (n - 1)t

概要

カテゴリー
  • Flow content (フロー・コンテンツ)
  • Phrasing content (フレージング・コンテンツ)
  • Palpable content (パルパブル・コンテンツ)
コンテンツモデル
フレージングコンテンツ
利用できる場所
フレージングコンテンツが期待される場所で使用できます。
利用できる属性
グローバル属性
許可されている、全てのグローバル属性を指定できます。
タグの省略
subタグは、開始タグ、終了タグ、共に省略することはできません。
標準のスタイル
sub {
	vertical-align: sub ;
	font-size: smaller ;
}

参考情報

sub要素に関する情報は、下記サイトで確認できます。

  • W3C … W3CによるHTML5勧告。subの項目。
  • HTML language reference … W3Cによるsubのリファレンス。
  • WHATWG … WHATWGによる仕様書、HTML Living Standard。sub要素の仕様。