SYNCER

りんどう@立山-雪の大谷、室堂平でのランチにオススメの喫茶店

0件

公開日:

生まれて初めての富山県旅行。最初に訪れたのがアルペンルートの雪の大谷です。そこで問題になったのがランチ。「食事場所なんていくらでもあるだろう」と油断していたのですが、ホテル立山のレストランは観光客で溢れかえっている…。そこでお世話になったのが、この喫茶店の「りんどう」です。正直、値段は高いものの、その分、空いていて、美味しいメニューを楽しむことができました。

外観

「ティーラウンジ りんどう」の外観
「ティーラウンジ りんどう」の外観

2015年5月26日(火)、富山県の中新川郡にある「ティーラウンジ りんどう(りんどうと略)」を訪問しました。

概要(営業時間など)

名称ティーラウンジ りんどうてぃーらうんじ りんどう
住所930-1414富山県中新川郡立山町芦峅寺室堂ホテル立山内3階
営業時期4月〜11月
営業時間9:00〜17:00
電話番号076-463-3345 (ホテル立山)
テーブル
駐車場なし
開店日1972年9月1日(金)
ウェブサイトホテル立山

アクセス

ホテル立山の3階

ホテル立山「ティーラウンジ りんどう」は、ホテル立山の3階にあります。ホテルの宿泊者でなくても自由に利用することができるため、アルペンルート、雪の大谷の観光客たちが利用するレストランとなっています。

メニュー

  • 「りんどう」のメニュー表:ランチメニュー
  • 「りんどう」のメニュー表:おすすめメニュー
おすすめ
水出しコーヒー800円石窯ローフの野菜たっぷりサンドセット1,200円
抹茶ロールケーキセット1,100円黒部ダムシフォンセット1,300円
ランチ
国産牛フィレ肉ステーキ1,700円海老と帆立のトマトクリーム煮1,500円
ビーフシチュー1,700円アルプスカレー1,400円

レポート

ビーフシチュー

りんどうの「ビーフシチュー」
りんどうの「ビーフシチュー」

当日のオススメメニューから、この「ビーフシチュー」を注文してみました。ご飯の盛りつけが量を少なく感じさせますが、食器自体が大きいので実際は多いです。富山県産のコシヒカリを使っているそうですよ。

コクがあってまろやかなシチュー
コクがあってまろやかなシチュー

味は、コクがあって、とってもまろやか。口に入れてモゴモゴやるのが快感で、シチューの方だけスープみたいに食べ尽くしてしまいそうになりました。雪の大谷と、ホテル裏にある室堂平の数キロメートルを歩き終え、疲れた身体に優しい味でした。

国産牛フィレ肉ステーキ

りんどうの「国産牛フィレ肉ステーキ」
りんどうの「国産牛フィレ肉ステーキ」

こちらは「国産牛フィレ肉ステーキ」です。ライスとサラダ、そして真ん中にある、いかにも高級そうなお肉が、噂の牛フィレ肉。カレー同様、食器が大きいのでボリュームがあります。

りんどうの「国産牛フィレ肉ステーキ」 焦げ目
りんどうの「国産牛フィレ肉ステーキ」 焦げ目

端の方は程よく焦げ目が付いてカリッとしています。

りんどうの「国産牛フィレ肉ステーキ」 レア
りんどうの「国産牛フィレ肉ステーキ」 レア

そして真ん中はこんな感じ。レアとミディアムの間くらいの焼き方。控えめなソースで肉本来の美味しさを楽しむことができます。これをいつかたらふく食べてみたい…。

ミネストローネ

りんどうの「ミネストローネ」
りんどうの「ミネストローネ」

サービスでミネストローネが付いてきました。疲れている中、席に座って最初にミネストローネを一口。温かくて、ホッとしました。

りんどうの「ミネストローネ」 野菜
りんどうの「ミネストローネ」 野菜

中には、これでもかというくらいに野菜が入っていますよ〜。これだけでお腹いっぱいになりそう。

水出しコーヒー

りんどうの「水出しコーヒー」
りんどうの「水出しコーヒー」

立山の湧き水で作る「水出しコーヒー」が、りんどうの魅力です。この記事を書いてて「アイスコーヒーもそうなのだろうか」と不安に…。ホットコーヒーが本来の水出しコーヒーだと思うのですが、この日はとにかく、運動した後で身体が温まっていたのでアイスコーヒー一択(笑)。

りんどうの「アップルジュース」
りんどうの「アップルジュース」

アップルジュースも注文してみました。ちょうどよく酸っぱくて甘くて美味しかった!味を思い出しただけでも、口内の奥からヨダレが出てきた。

写真集

  • 「りんどう」の店内風景「りんどう」の店内風景です。ホテルの喫茶店らしく、高級な雰囲気。店の外に出たらガヤガヤなのに、中は落ち着いた雰囲気でゆっくりできました。
  • 「りんどう」のテーブル席赤いクッションのテーブル席。ふわーっと包まれます。
  • 「りんどう」のカウンターカウンターの奥では、スタッフさんがコーヒーを入れたり、調理をしたり。
  • 「りんどう」のロウソク立てシャンデリア風のロウソク立て。
  • 「りんどう」のロゴ「りんどう」のロゴです。看板はここ2、3年の間に新しくなったみたいです。前は茶色だったとか。
  • レストラン立山の様子「りんどう」のすぐ前にある、もう1つの食事場所、「レストラン立山」は、ランチ時はバスツアーで来た観光客で溢れかえっています。とても入れる状況ではありませんでした(笑)。
  • 「りんどう」の入り口同じ時間で、こちらは「りんどう」の入り口。まさに天国のような食事スポットです。
  • 「りんどう」の記念撮影スポット喫茶店の前には、ちょっとした記念撮影のスポットがあります。地域の名物、雷鳥のぬいぐるみと一緒に記念撮影してみましょう。

個人的な評価

5

雪の大谷、室堂平を観光する時、食事で利用するのに最適な喫茶店です。料金は正直なところ、高いです。ただ、その分、観光客が多い時間帯でも比較的、すぐに席につけるのは何にも代え難い魅力。ガヤガヤしてなくて、ゆっくりと過ごせるのが最高です。それだけでも大満足。

加えて、食事も、高級店でありがちな「高くて量が少ない」ということがなく、ボリュームがあって嬉しかったです。この記事で紹介したシチュー、フィレ肉、水出しコーヒー以外にも、「黒部ダムシフォンケーキ」という、2人でも食べられる超巨大な名物ケーキがあるので、スイーツ派の人は、そちらを注文してみるのをオススメします。