SYNCER

うまか楼@竹の塚-替え玉1玉無料でコスパが良い博多ラーメンのお店!

2件

公開日:

竹の塚の名店「しおの風」の系列店の博多ラーメン屋さんが出来たと、前から聞いていたんですが、長い間行かず終い。最近、この辺りでラーメン屋さんの閉店が相次いでいるため、後悔しないように思い切って訪問しました。博多ラーメンのお店です。

外観

「九州豚骨 うまか楼 本店」の外観
「九州豚骨 うまか楼 本店」の外観

2014年7月15日(火)、東京都の足立区にある「九州豚骨 うまか楼 本店(うまか楼と略)」を訪問しました。

概要(営業時間など)

名称九州豚骨 うまか楼 本店きゅうしゅうとんこつ うまかろう ほんてん
住所121-0813東京都足立区竹の塚3-20-15
定休日年中無休
営業時間
日〜水
11:30〜25:00
木〜土
11:30〜27:00
電話番号03-3885-0833
麺の種類浅草開花楼
カウンター
駐車場なし
開店日2012年11月4日(日)
ウェブサイトLINE

アクセス

竹ノ塚駅からのアクセス

  1. 竹ノ塚駅の東口「竹ノ塚駅」の東口を出たら、矢印の通りに、広場を突っ切るように進んで下さい。突き当たりを右方面に進みます。
  2. 吉野家角にある「吉野家」を目印にして下さい。「吉野家」を左手にして通り過ぎたら、後はその道をひたすら真っすぐ、7〜8分ほど進んで下さい。
  3. 「うまか楼」の店舗道路を挟んで右手側に、「うまか楼」の店舗が見えてきます。

メニュー

  • 「うまか楼」のメニュー表: メインメニュー
  • 「うまか楼」のメニュー表: サイドメニュー
  • 「うまか楼」のメニュー表: 麺の硬さ案内
  • 「うまか楼」のメニュー表: 替え玉の案内
ラーメン系
白丸 元祖とんこつ600円麦味噌丸 麦味噌とんこつ650円
黒丸 新味とんこつ650円海鮮ちゃんぽん780円
赤丸 辛味とんこつ650円海鮮みそちゃんぽん つけ麺950円
丼系
博多明太子ごはん290円ねぎ豚ごはん290円
佐世保塩辛ごはん290円一口博多餃子350円
海老マヨごはん290円

レポート

白丸(博多とんこつ)

600円 白丸
白丸 600円

最もオーソドックスな博多豚骨ラーメンの「白丸」を注文しました。深夜だったのでトッピングなど何も付けずで、600円。これは安くていいですねー。注文は食券じゃなく、直接店員さんに伝えます。会計は食べる前でも後でもどっちでも大丈夫ですが、私の場合は面倒なので、いつも先に済ませています。

キクラゲ、チャーシュー
キクラゲ、チャーシュー

真っ白なスープにネギ、キクラゲ、チャーシューに海苔が入っています。良く言えば「正統派」、悪く言うなら「普通」、といったところでしょうか。

スープ 白丸
白丸 スープ

さすが博多豚骨。スープは濃厚で真っ白です。これぞ「豚骨」という味。

ネギ 白丸
白丸 ネギ

今回、「深夜だからトッピングは付けなかった」と言いながら、雑炊用のご飯を別に頼んでいたので(笑)、ネギは雑炊用に極力キープしておきました。

チャーシュー 白丸
白丸 チャーシュー

正直、店前の看板とか見ても、チェーン店っぽい印象を持っていて「チャーシューも安っぽいんだろうなー」とか想像してたんですが、おお、これは分厚くていい感じ。というか変な先入観持ってすいません…。

白丸 麺
白丸 麺

博多豚骨と言えば細麺ですね。最近は「博多長浜らーめん 田中商店」という店で食べたばかりですが、やっぱ細麺もいい。極太麺に負けないでおくれ、細麺。

麺の堅さ
麺の堅さ

白丸を頼むと、「麺のかたさ」を聞いてくれます。田中商店では「ハリガネ」が最高だったんですが、この店では、さらにその上を行く「粉おとし」なるものがありました。粉を落とすだけで終了と、そのまんまですね(笑)。

トッピング各種

その1 無料トッピング
無料トッピング その1

このお店の魅力として、無料トッピングが充実しています。例えば、こちらはピリッと辛い「博多辛高菜」に、「長崎紅生姜」。そして「ニンニク」。

その2 無料トッピング
無料トッピング その2

七味にカラシ、ゆず胡椒にラー油なんかも揃っていましたよ。

無料トッピング 長崎紅生姜
無料トッピング 長崎紅生姜

店主さんが美味しい博多豚骨ラーメンの食べ方を教えてくれました。1回は普通に食べる。そして無料の替え玉を「カタメ」で入れたら、今度は後半くらいに「長崎紅生姜」を入れると味の変化が楽しめるそう。

博多辛高菜 無料トッピング
無料トッピング 博多辛高菜

さらに物足りない場合は、このピリ辛の「博多辛高菜」の出番。少しずつ入れてみて、自分の好みに合わせるのが良しとのことです。

ニンニク 無料トッピング
無料トッピング ニンニク

そしてこの後、何もないなら、投入しちゃいましょう。魔性のニンニクを…。

替え玉

替え玉(無料)
替え玉(無料)

「今日は深夜なので控えめ…」と言いながらも、なんと替え玉に手を出してしまいました。店主さんが「替え玉無料なので良かったら麺の堅さ変えてみて下さいね」なんて言うから…、せっかくなので…。この量で無料は出血過ぎやしませんか?

替え玉案内
替え玉案内

深夜だからとかではなく、一日を通して、替え玉1玉目は無料だとのことです。白丸に無料の替え玉の組み合わせ…、600円で十分過ぎるほどの量になっちゃいます。

雑炊

190円 ライス
ライス 190円

雑炊用のご飯。190円と高めですが、量は多め。2つ分の雑炊が作れる量でした。なので、一緒に来ていた嫁さんと分けました。

白丸の雑炊
白丸の雑炊

濃厚な豚骨スープと一緒に食べるご飯は美味しかった。これってスープ、頼んだら追加してくれたのかしら…。替え玉1回でけっこうスープがなくなってしまいます。

スープが染み込んだ雑炊
スープが染み込んだ雑炊

無料トッピングの高菜や生姜を加えると、さらに味が付いて美味しくなりました。あとチャーシュー残しておくのをお勧めします。

海鮮ちゃんぽん

海鮮ちゃんぽん
海鮮ちゃんぽん

こちらは海鮮ちゃんぽん、780円。店主さん曰く、「一度うちの濃厚ちゃんぽんを食べてしまうと、他の店のが薄く感じてしまうよ」とのこと。

スープ 海鮮ちゃんぽん
海鮮ちゃんぽん スープ

その通り、魚粉がふんだんに入った、かなり濃厚なスープでした。

海鮮ちゃんぽん 麺
海鮮ちゃんぽん 麺

麺にもよく絡みます。これはお腹が減った時にはたまりません。

チャーシュー 海鮮ちゃんぽん
海鮮ちゃんぽん チャーシュー

お肉の左端に魚粉が付いているのが分かると思います。こんな感じで、味は濃いめ。

海鮮ちゃんぽん 野菜
海鮮ちゃんぽん 野菜

ちゃんぽんと言えば、この野菜。かなりたくさん入っていたので、並盛りでもかなりの量です。

海鮮ちゃんぽん 雑炊
海鮮ちゃんぽん 雑炊

「白丸」を雑炊にしたご飯がかなり余ったので、こちらも雑炊に。この頃にはお腹がいっぱい過ぎてダウンしかけでした(笑)。

写真集

  • 店内風景「うまか楼」の店内風景。壁一面の絵画で賑やかでした。
  • カウンター席の風景カウンターに置いてあるヤカンには水が入っています。
  • 様々な食材ここは「しおの風」の系列店ということで、それを思わせる雰囲気が漂っていました。この、材料を瓶に入れて飾るスタイルは「しおの風」っぽいですねー。しかも真ん中はあのお麩(ふ)だ(笑)。
  • 営業時間の案内「うまか楼」の営業時間。
  • 系列店の一覧「うまか楼」の系列店の一覧です。
  • ロゴ「うまか楼」のロゴです。

個人的な評価

4.2

「白丸」は、悪く言えば「普通」、良く言えば「正統派」のオーソドックスな博多豚骨ラーメン。美味しかったです。量、コストパフォーマンスに関しても替え玉無料なので文句なし。ただ、「味にインパクトがない」と言えばその通りなので、家が近くなければ、なかなか「今日はここに行こう」という選択肢に入らないかもしれません。その点は「黒丸」「赤丸」も試してみないと分からないんですけどね。「白丸」から入るとどうしてもそういう感想になってしまいます。

居酒屋的なメニューが豊富なので、徒歩で行ける距離の人は、酒飲みながらラーメンとおつまみ食べて談笑というのも悪くなさそうですね。「うまか楼」の並びは、飲食店がかなり苦戦している様子。そういえば10年くらい前に、テレビで一躍有名になって鳴り物入りで入って来た「麺屋黒船」という店が、一度も浮上することなく閉店してしまったのを思い出しました…。たしかあのラーメン屋もこの通りだったなぁ。

それでも店主さんと仲の良い常連さんらしき人も来てたし、愛されるお店なことは確かだと思うので、末永く頑張ってほしいです。次は「黒丸」でも挑戦してみたいと思います。