SYNCER

東京とんこつ ましこ亭@保木間-足立区に1年ぶりに戻ってきた人気店!

4件

公開日: 2014/07/03 / 更新日:

長年、足立区竹の塚(竹ノ塚)で人気店として君臨しながら、2013年突如、立川に移転した「ましこ亭」。その「ましこ亭」が2014年4月に再び足立区に帰ってきたというので訪問してみました!

外観

「東京とんこつ ましこ亭」の外観
「東京とんこつ ましこ亭」の外観

2014年7月3日(木)、東京都の足立区にある「東京とんこつ ましこ亭(ましこ亭と略)」を訪問しました。

概要(営業時間など)

名称東京とんこつ ましこ亭とうきょうとんこつ ましこてい
住所121-0064東京都足立区保木間5-25-23
定休日年中無休
営業時間11:30〜15:30、18:00〜24:00
電話番号03-5856-6163
麺の種類浅草開花楼
カウンター
駐車場あり
開店日2014年4月23日(水)
前の店つけ麺 しょうえい
ウェブサイトTwitter

アクセス

環七方面からのアクセス

  1. スーパー「アミカ」の赤い看板四号線の南方面からの行き方を紹介します。四号線沿いを南から北へ向かっていると左側にスーパー「アミカ」の赤い看板が見えてきます。この看板が見えてきたら、あと少しです。
  2. バッティングセンターの看板徒歩、または自転車の場合は、道の右側を進んで下さい。やがて、バッティングセンターの看板が見えてきます。この看板の手前の道を右に曲がって下さい。
  3. GRAND(ニューグランド)」の建物 パチンコ店「Newすぐに、右側にパチンコ店「New GRAND(ニューグランド)」の建物が見えてきます。この建物の1階に「ましこ亭」があります。
  4. 専用駐車場こちらが「ましこ亭」の専用駐車場。パチンコ店のすぐ向かい側、「ましこ亭」の看板があるので、すぐに分かります。台数に余裕があるので、空きを心配する必要はないと思います。
  5. 「ましこ亭」の店舗が入った建物店舗は建物の左端。店長のポスターがとっても目立つので、迷うことはありません。間違えてパチンコ店に入らないようにしましょう(笑)。

メニュー

  • 「ましこ亭」のメニュー表: その1 ラーメン系
  • 「ましこ亭」のメニュー表: その2 ラーメン系
  • 「ましこ亭」のメニュー表: サイドメニュー
  • 「ましこ亭」のメニュー表: ラーメンのイメージ写真
  • 「ましこ亭」のメニュー表: 和風だしについての案内
  • 「ましこ亭」のメニュー表: 浅草開花楼製麺についての案内
  • 「ましこ亭」のメニュー表: えびだしについての案内
極らーめん系
極 ホホ肉炙りらーめん1,000円極 らーめん750円
極 横綱らーめん1,000円極 炙りチャーシューらーめん850円
極 海鮮野菜らーめん1,000円
えびだし系
えびだし ホホ肉炙りらーめん1,130円えびだし 海鮮野菜らーめん1,130円
えびだし 横綱らーめん1,130円えびだし らーめん880円
えびだし 炙りチャーシューらーめん980円
らーめん系
お手頃らーめん(正油のみ)580円ねぎチャーシューらーめん950円
辛旨火山らーめん850円
つけ麺系
つけ麺800円魚介とんこつつけ麺800円
辛旨つけ麺850円限定濃厚魚介つけ麺850円
えびだしつけ麺980円
その他
日替り炊込めし200円炙りチャーシュー皿280円
ミニ角煮丼300円極豚角煮皿500円
テリヤキ炙りチャーシュー丼450円ギョーザ(5個)300円

レポート

横綱らーめん

1,000円 横綱らーめん
横綱らーめん 1,000円

店内に貼ってあった人気ランキング1位の「横綱らーめん」を注文しました。注文は食券制です。この「横綱らーめん」は竹の塚時代の2005年頃に一度食べたことがあります。うーん、とても懐かしい。

横綱らーめん 玉子とネギ
横綱らーめん 玉子とネギ

「横綱」と言っても、ドーーンとでっかいものが出てくるのではなく、トッピングが豪華ながらも、見た目はスタイリッシュなものでした。たしか、竹の塚時代は、逆にドーーンとドでかい器だった記憶があります。写真は半熟玉子とネギです。

横綱らーめん 細麺
横綱らーめん 細麺

麺は「浅草開花楼」のストレートの細麺。特注のオリジナル麺だそうです。スルスルーっと口の中にスムーズに入ってきました。

スープ 横綱らーめん
横綱らーめん スープ

こちらがスープ。コクがありました。「こってり」というよりは「あっさり」な印象。ちなみにスープは「あっさり」か「こってり」を、店員さんに指定することが出来るようです。今回はそれを知らなかったので、どちらが出てきたかは謎なんですが、多分「あっさり」の方だったんじゃないかと思います…。

3種類のチャーシュー 横綱らーめん
横綱らーめん 3種類のチャーシュー

「横綱らーめん」の魅力は三種類のチャーシューだと思います。ホホ肉、角煮、(多分)鶏肉が入っていました。

その1 ホホ肉 横綱らーめん
横綱らーめん ホホ肉 その1

まずはホホ肉。表面がカリカリに焼かれています。

その2 ホホ肉 横綱らーめん
横綱らーめん ホホ肉 その2

その表面の見た目とは裏腹に、トロトロに蕩けます。

横綱らーめん 角煮
横綱らーめん 角煮

こちらが「角煮」。味(タレ)がたっぷりと染み込んでいました。ご飯と一緒に食べたいと思いました。

横綱らーめん 鶏肉
横綱らーめん 鶏肉

最後に(多分…)鶏肉。物凄く柔らかかった!違ったチャーシューを食べ分けて、味を変えるのがいいですねー。

辛旨火山らーめん

850円 辛旨火山らーめん
辛旨火山らーめん 850円

同じく人気メニューの「辛旨火山らーめん」、850円です。その名の通り、火を噴く辛さの激辛ラーメン。辛いの好きな人には超お勧めですが、苦手な人は食べられないと思います。それほど辛かった…。

ネギ 辛旨火山らーめん
辛旨火山らーめん ネギ

激辛系ラーメンの定番と言えば、このネギですよね。

細麺 辛旨火山らーめん
辛旨火山らーめん 細麺

麺は「横綱らーめん」と同じく、細麺のストレートです。

辛い成分 辛旨火山らーめん
辛旨火山らーめん 辛い成分

スープは赤く、唐辛子のようなものが浮いています。

ホホ肉チャーシュー 辛旨火山らーめん
辛旨火山らーめん ホホ肉チャーシュー

チャーシューは1枚。「横綱らーめん」にも入っていたホホ肉。蕩けて麺に絡みます。

スープ 辛旨火山らーめん
辛旨火山らーめん スープ

マグマのように真っ赤なスープ。辛さは食べた瞬間にピリピリっと来るタイプ。汗が吹き出ますので、食べる人は夏なんか特にタオルを持参した方がいいかも?

辛旨つけ麺

850円 辛旨つけ麺
辛旨つけ麺 850円

再訪した時に頼んだのが、この「辛旨つけ麺」、850円です。やっぱり「ましこ亭」、昔から打って変わってスタイリッシュになっていますねー。器はオシャレにカップ型でした。

トッピング 辛旨つけ麺
辛旨つけ麺 トッピング

トッピングはメンマ、チャーシュー、ガーリック。

盛りつけ 辛旨つけ麺
辛旨つけ麺 盛りつけ

盛りつけはこんな感じで、凝っています。スープにつける割合を調整できるつけ麺だったからか、「辛旨火山らーめん」ほどの激辛さはなく、ほどほどのピリ辛さでした。「激辛」を求めるなら断然「辛旨火山らーめん」ですが、ほどほどの辛いラーメン好きの人にお勧めの一品です。

写真集

  • 店内風景席は、真ん中スペースを囲むようにして、カウンター席が続いています。22時頃訪れた時は先客がいなかったので撮影…。水は最初に店員さんが出してくれますが、その後はセルフサービスです。
  • 化粧室「化粧室」は店の奥側にあります。壁一面に上着類をかけるハンガーがありましたが、玄関側の壁にはありません。
  • 賞状など待ち客用のベンチとか、賞状とかが飾ってありました。「ましこ亭」ってカップラーメン商品化していたんですねー。初めて知りました。ちょっくら殺風景(笑)。
  • 石神秀幸さんのメッセージテレビでも引っ張りだこのイケメンラーメン王、石神秀幸さんからのメッセージ。ラーメン店を経営している人にとっては、まさに「宝」ですねー。
  • 昭和畜肉研究会銘柄豚枝肉共進会の賞状昭和畜肉研究会銘柄豚枝肉共進会の賞状。こんなに長い漢字を書いたのは久しぶりです。興味がある人は「昭和畜肉研究会銘柄豚枝肉共進会の公式サイト」をご参考下さい。
  • ポイントカード「ましこ亭」のポイントカード。22世紀まで有効なので、ご安心下さい。
  • 卓上調味料「ましこ亭」の無料トッピング。基本的なものはありますが、ニンニクなどはありません。
  • ロゴ「ましこ亭」のロゴ。可愛い豚さんが印象的。
  • ポスター入り口に貼ってある「ましこ亭」のポスター。店長さんは、この日は厨房にいなかったようです。お弟子さん?がラーメンを作っていました。
  • 益子勇さんの経歴「ましこ亭」の店長、益子勇さんの経歴が載っていました。甲子園にも出場してたのかー、と思ったら…!?

個人的な評価

4

約10年ぶりに訪れた「ましこ亭」。立川を経たからでしょうか、以前の良い意味で古く汚い頑固系のイメージとは打って変わってスタイリッシュな店になったなーと思いました。「横綱らーめん」も竹の塚時代に食べたものを想像していると、驚くかも?これは偏に私個人の記憶を元にした話です。なので、当たり前と言えば当たり前なんですが、ガッツリ食べたい人は「大盛り」を頼むことをお勧めします。スープとチャーシューは大満足でした!

ましこ亭が立川に移った後、お弟子さんが、その跡地で運営していた「魂のチャーシュー麺 清水」が、今年の4月で閉店になってしまいました。この界隈で「ましこ亭」のDNAを受け継ぐ店としては「神楽(かぐら)」とここだけ。足立区が誇る「ましこ亭ブランド」を、またここから盛り上げていってほしいと思います。