SYNCER

らぁめん雅知@竹の塚-高級中華を応用した絶品ラーメンの数々!

2件

公開日: 2014/09/06 / 更新日:

高級中国料理店で18年間、修行を積んだ店主さんが作るラーメンという触れ込みの「らぁめん雅知」がオープンしたので、早速、行ってみました。

外観

「らぁめん 雅知」の外観
「らぁめん 雅知」の外観

2014年10月4日(土)、東京都の足立区にある「らぁめん 雅知(雅知と略)」を訪問しました。

概要(営業時間など)

名称らぁめん 雅知らぁめん がち
住所121-0807東京都足立区伊興本町1-10-1
定休日水曜日
営業時間11:30〜14:30、18:00〜23:00
電話番号03-5809-4134
麺の種類三河屋製麺
  • カウンター
  • テーブル
駐車場2台
開店日2014年10月4日(土)
前の店麺屋清正
ウェブサイト

アクセス

竹ノ塚駅からのアクセス

  1. 竹ノ塚駅の西口文章では案内しにくい近道を写真付きで紹介します。竹ノ塚駅の西口を出たら右側にあるサンクスの手前の狭い商店街に入って下さい。
  2. 竹ノ塚駅西口のコインロッカーすぐ角にコインロッカーがあるので、そこを右に曲がって下さい。
  3. 喫茶店「エリカ」を通り過ぎる左側にエリカという純喫茶が見えます。ここをそのまま通り過ぎて真っすぐに進んで下さい。
  4. 突き当たりの交差点突き当たりを、左側にくねるように進んで下さい。写真の矢印を参考にして下さいね。
  5. 道なりに進むしばらく道なりに進みましょう。
  6. 駐輪場を左に曲がる約1分くらい歩くと、駐輪場に突き当たります。こちらを左折して下さい。
  7. 質屋の「タケヤ」左側にタケヤという商店街があるのを目印にして下さいね。この道を真っすぐ進んで、突き当たりの分かれ道を右側に進んで下さい。
  8. 花屋与兵衛右側にファミレスの「花屋与兵衛」が見えるので、そこを目指すように進みましょう。
  9. 「らぁめん 雅知」の店舗「花屋与兵衛」の手前に横断歩道があるので渡っておきます。渡ったら右に曲がって進むと左側に店舗が見えてきます。

専用駐車場

  1. 専用駐車場の案内店舗のすぐ裏側に2台分の専用駐車場があります。
  2. 専用駐車場店舗を正面から見て左側の道に入って、すぐのところにあります。
  3. 駐車スペース番号17番と19番が「らぁめん雅知」のスペースなので、どちらかに停めましょう。

メニュー

  • 「雅知」のメニュー表: ラーメン系
  • 「雅知」のメニュー表: おつまみ系
  • 「雅知」のメニュー表: あっさり鶏そばの案内
  • 「雅知」のメニュー表: こってり豚そばの案内
  • 「雅知」のメニュー表: 汁なし煮込みそばの案内
  • 「雅知」のメニュー表: スープの案内
  • 「雅知」の開店当初の販促チラシ: こってりそばとあっさりそば
  • 「雅知」の開店当初の販促チラシ: 汁なし煮込みそばの写真
ラーメン系
あっさり鶏そば730円特製こってり豚そば980円
特製あっさり鶏そば980円汁なし煮込みそば750円
こってり豚そば730円
サイドメニュー
鶏ちゃーしゅー300円ごはん100円
豚ちゃーしゅー200円本日のごはん300円
鶏から300円ちゃーしゅーごはん300円

レポート

あっさり鶏そば

中国料理の上湯をベースに作ったスープ!!丁寧に仕上げた上湯スープのなかに、さらに鶏節の旨みをプラス。あっさりした中に、鶏のうまみが凝縮されたキレのある一杯!!

メニュー表の案内
「らぁめん雅知」のあっさり鶏そば
「らぁめん雅知」のあっさり鶏そば

開店日の時点でメインメニューは「あっさり鶏そば」「こってり豚そば」「汁なし煮込みそば」の3種類。販促チラシなんかを見ると「汁なし煮込みそば」がプッシュされていたんですが、ここはあえて正統派な「あっさり鶏そば」を注文。出てきたのがこちらです。

「らぁめん雅知」のあっさり鶏そば 見た目
「らぁめん雅知」のあっさり鶏そば 見た目

「高級中国料理店で18年間修行」という触れ込みで先入観も後押ししてか、中国料理っぽい見た目です。各場所の色がくっきりと分かれていて綺麗だなーと思いました。後で紹介する「こってり豚そば」とは違って、こちらはすごく「繊細さ」を感じるラーメンでしたよ。

「らぁめん雅知」のあっさり鶏そば トッピング
「らぁめん雅知」のあっさり鶏そば トッピング

トッピングはチャーシューにタケノコ、サフランに三つ葉、海苔。

「らぁめん雅知」のあっさり鶏そば 麺
「らぁめん雅知」のあっさり鶏そば 麺

麺は「三河屋製麺」のもので、細麺でした。硬さは普通。

「らぁめん雅知」のあっさり鶏そば スープ
「らぁめん雅知」のあっさり鶏そば スープ

こちらがスープ。「上湯(じょうたん)」という中国料理で用いられるスープで、大山鶏を含め数種類の鶏の、厳選した部位を混ぜ合わせて作られたそうです。店主さん自信のスープというだけあって実に美味しかったです。味を表現するのは難しいのですが、「今までに味わったことのない鶏スープ」で、うん、いわゆる中華です。この店でしか味わえないラーメンですね。「オリジナリティ」の面では、自分の中で、2014年6月に開店した「きち」とツートップになりました。もちろん、全然違う方向の味なんですけどね。

「らぁめん雅知」のあっさり鶏そば チャーシュー
「らぁめん雅知」のあっさり鶏そば チャーシュー

2枚入りの鶏チャーシュー。周りの皮の食感もよかったなー。さすが、手が込んでいます。ちなみに特製だと、なんとこれが5枚入りみたいです。「がっつり食べたい」というよりは「美味しいラーメンが食べたい」という気分の時にお勧めしたい一品。

特製こってり豚そば

丁寧に下処理した豚骨を長時間、強火で炊き上げたスープ。長時間、強火で炊くことで特有な香りをおさえたマイルド仕上げ。豚本来の旨みを感じることのできる味わい深い一杯!!

メニュー表の案内
「らぁめん雅知」の特製こってり豚そば
「らぁめん雅知」の特製こってり豚そば

こちらは「特製こってり豚そば」、980円でございます。「あっさり鶏そば」の繊細とは正反対で、こっちは「ガッツリ食べたい派」の胃袋を十二分に満たしそうな一品です。特製だからか、モヤシとキクラゲが山盛り。

「らぁめん雅知」の特製こってり豚そば 豚チャーシュー
「らぁめん雅知」の特製こってり豚そば 豚チャーシュー

「中華そば 椿」を思わせるような分厚い豚チャーシュー。しかも、物凄くトロけます。一口でお気に入り。これにはやられました。

「らぁめん雅知」の特製こってり豚そば スープ
「らぁめん雅知」の特製こってり豚そば スープ

「あっさり鶏そば」とは全然違って、舌に絡み付くような超絶に濃厚なスープ。だけど嫌な後味も残らないし、不思議と「上品さ」を感じるんです。

「らぁめん雅知」の特製こってり豚そば 太麺
「らぁめん雅知」の特製こってり豚そば 太麺

麺は太麺。適度に噛み応えがあって、するーっと口の中を通っていきます。

「らぁめん雅知」の特製こってり豚そば 玉子
「らぁめん雅知」の特製こってり豚そば 玉子

玉子は1つが丸ごと、入っていました。

「らぁめん雅知」の特製こってり豚そば ジュクジュクの玉子
「らぁめん雅知」の特製こってり豚そば ジュクジュクの玉子

中を開くとジュクジュク。後半にスープ全体にかき混ぜてみるのもいいんじゃないかなーと思ったりしました。美味しかったです!

汁なし煮込みそば

見た目は、まぜそば!!固めに茹で上げた太麺にスープを吸わせて煮込み、汁がないのにスープの旨みが麺に。麺から、マヨ、チーズ、揚げめんなどをのせたジャンクな一杯!!

メニュー表の案内
「らぁめん雅知」の汁なし煮込みそば
「らぁめん雅知」の汁なし煮込みそば

こちらは「汁なし煮込みそば」、750円です。並盛り、大盛りなど、量の選択はできません。

「らぁめん雅知」の汁なし煮込みそば 大きい器
「らぁめん雅知」の汁なし煮込みそば 大きい器

開店前に公式ホームページなどで写真を見ていたのですが、想像以上に器が大きくてビックリしました。左側のコップも大きめのサイズなのですが、比べると小さく見えてしまいます。かなりボリュームがあったのは嬉しい誤算でした。写真は損してるな〜。

「らぁめん雅知」の汁なし煮込みそば 生卵
「らぁめん雅知」の汁なし煮込みそば 生卵

頂点に綺麗に乗っかっている生卵を崩してかき混ぜます。

「らぁめん雅知」の汁なし煮込みそば マヨネーズ
「らぁめん雅知」の汁なし煮込みそば マヨネーズ

こちらはサイドメニューとしても提供している唐揚げ。思いっきりマヨネーズがかかっていますね。手羽先だと思うのですが、硬いけど骨はありません。

「らぁめん雅知」の汁なし煮込みそば 揚げめん
「らぁめん雅知」の汁なし煮込みそば 揚げめん

なかなか珍しい揚げめん。メインの太麺と一緒に食べると食感を楽しむことができました。B級グルメにベビースターってマッチしますよね。これはベビースターではありませんが、似たようなもの。

「らぁめん雅知」の汁なし煮込みそば 麺
「らぁめん雅知」の汁なし煮込みそば 麺

麺は熱々で、触れ込み通り、味が付いています。言葉通り、「染み込んでる」という印象で、とってもねっとり濃厚です。ズルズルっとした感触もあるので、満腹中枢に働きかけてくれます!この麺は美味い!これに慣れて基準になると、他店のまぜそばの麺に物足りなくなっちゃうかも。

「らぁめん雅知」の汁なし煮込みそば 唐揚げ
「らぁめん雅知」の汁なし煮込みそば 唐揚げ

マヨネーズが染み込んだ唐揚げ。少しずつ噛み千切って、麺と一緒に食しましょう。

「らぁめん雅知」の汁なし煮込みそば スープ
「らぁめん雅知」の汁なし煮込みそば スープ

器の底には、麺に染み込んでると思われるスープがありました。生卵と相俟って濃厚ながらマイルドになっています。「汁なし煮込みそば」、美味しかった!ボリュームも申し分ないので腹も満たせました。個人的な好みで順位を付けるなら、これが1番だな〜。「汁なし煮込みそば」「こってり豚そば」「あっさり鶏そば」の順にお勧めします。

ちゃーしゅーごはん

「らぁめん雅知」のちゃーしゅーごはん
「らぁめん雅知」のちゃーしゅーごはん

「ちゃーしゅーごはん」、300円を注文。

「らぁめん雅知」のちゃーしゅーごはん チャーシュー
「らぁめん雅知」のちゃーしゅーごはん チャーシュー

「あっさり鶏そば」と「こってり豚そば」、それぞれで使われているチャーシューが乗っていました。まさに「雅知」の全てが集まった1杯と言えるのじゃないでしょうか?

「らぁめん雅知」の香ばしいお肉
「らぁめん雅知」の香ばしいお肉

そのまま乗せたというわけではなく、しっかりと炙ってあるチャーシュー。香ばしい〜。

あっさり松茸そば

「らぁめん雅知」のあっさり松茸そば
「らぁめん雅知」のあっさり松茸そば

開店一周年記念イベントで提供されていた、「あっさり松茸そば」を食べてみました。料金は780円と良心的。名前通り、とってもアッサリした見た目です。

「らぁめん雅知」のあっさり松茸そば 松茸
「らぁめん雅知」のあっさり松茸そば 松茸

おお、真ん中にありました、松茸が。庶民の私には、その味が全く分かりませんが、風味はありました。とりあえず、いきなり食べるのはもったいないので、スープの中に沈めておきました(笑)。スープに味が混ざるといいなー、と。

「らぁめん雅知」のあっさり松茸そば スープ
「らぁめん雅知」のあっさり松茸そば スープ

このラーメン、めちゃくちゃ美味い!うん、他のメニューより好きだ!後味はあっさりとしているんだけど、実は色々な味が含まれていて、舌で味わうと濃厚なのです。一番近いのは、西新井駅にある「えだぐち」のベジポタですね。絶品ですよ、これ。

「らぁめん雅知」のあっさり松茸そば お肉
「らぁめん雅知」のあっさり松茸そば お肉

雅知は1つ1つの素材が丁寧に調理されていて好感が持てるんですよね。このお肉も柔らかいけどコリッとしていて美味しかった。

「らぁめん雅知」のあっさり松茸そば 麺
「らぁめん雅知」のあっさり松茸そば 麺

三河屋製麺の麺です。絶品スープがよく絡む細麺。大盛りにできたか分からないけどすればよかった。あっという間になくなってしまいました。これ、通常メニューに加えてほしいなー。松茸乗せないでいいので(笑)。雅知の三大メニュー(あっさり、こってり、汁なし)って、絶品過ぎて「一回食べるとしばらくはいいかなー」って気持ちになるのですが、これは毎日でも食べられる系なので人気出るんじゃないかな。ごちそうさまでした。

開店一周年記念イベント

「らぁめん雅知」の開店一周年記念イベント
「らぁめん雅知」の開店一周年記念イベント

2015年10月2日から3日間、開店一周年記念イベントが行なわれていたので、参加してみました。なんとこの日は「汁なし煮込みそば」が390円!!そして、この日にしか食べられないという限定メニューの「あっさり松茸そば」が販売されていましたよ。

当日には三河屋製麺の代表取締役、宮内巌さんからの花束が飾られていました。ラーメン激戦区の竹ノ塚で、ブランドなし、個人運営の新店が一周年を迎えるのは偉業だと思います。一品一品が極上の雅知さん。これからも美味しいラーメンを提供していって下さい。

写真集

  • 「らぁめん雅知」の店内風景店内はカウンター席のみで構成されています。
  • 「らぁめん雅知」のカウンター席「麺屋清正」の時代にテーブル席だったスペースも、カウンターに作り替えられていました。
  • 前の店からガラリと変わった内装内装もガラリを変わっていましたよ。
  • 「らぁめん雅知」の卓上調味料調味料には「レインボーペッパー」なるものがありました。なんというか、香ばしいスパイス。ぜひ、試してみて下さい。
  • 「らぁめん雅知」の開店祝いの花束など開店日に送られてきていた花束など。
  • 「らぁめん雅知」の箸など箸はプラスチック製と、割り箸の2種類から選べます。これは嬉しい配慮ですよね。

個人的な評価

4.8

「高級中国料理店の店主が作るラーメン」。期待はずれになるどころか、想像以上に満足なメニューでした。「あっさり」と「こってり」、両極端の性質を見事に実現していましたよ。それぞれのメニューで1つの店舗が開けそうなくらいの完成度の高さに素人ながら感動。地元に愛すべきオリジナルブランドのラーメン屋さんが加わりました。

開店割引など行なわれていないのに、訪問時点で既に8割方の席が埋まっていたことに驚き。期待していた人が多かったんですね〜。気になっていた人は、ぜひ、足を運んでみましょう。専用駐車場もあるので、遠くからでもOKですよ〜。絶対に外れません!

開店当時の様子

「らぁめん雅知」の開店日の様子
「らぁめん雅知」の開店日の様子

「中華料理店で18年間修行した」という触れ込み通り、一般的なラーメン屋とはかけ離れた、高級料理店やホテルからの花束が目立ちます。これは期待できそう!

  • 「らぁめん雅知」の開店日の様子 「西麻布epicer」からの花束「六本木ヒルズクラブ」の小菅博文さん、「西麻布epicer」の料理長、中野良昭さんからの花束。
  • 「らぁめん雅知」の開店日の様子 「グランドハイアッド東京 中国料理」からの花束「広尾 中華香彩JASMINE」のスタッフ一同、「グランドハイアッド東京 中国料理」の総料理長、中里卓さんからの花束。
  • 「らぁめん雅知」の開店日の様子 「横浜ロイヤルパークホテル 皇苑」からの花束「横浜ロイヤルパークホテル 皇苑」の加藤賢一さん、野際俊充さん、斉藤卓巳さんからの花束。
  • cafe」からの花束 「buscar 「らぁめん雅知」の開店日の様子「buscar cafe」からの花束。